ORRの道路調査報告書:全国の廃道隧道酷道旧道林道を個人が実走調査したレビュー

トップ>林道電撃ネットワーク>甲信越>山梨>釜無川右岸林道

釜無川右岸林道

★★

 

釜無川右岸林道の取扱説明書

近い将来完全舗装化は免れない釜無川右岸林道は接続する精進ヶ滝林道とセットで走ると効率良く砂利道を繋いで走れる短くも貴重な林道である。蛇足だが釜無川右岸林道は釜無川とは全く関係ない場所を走っているので釜無川沿いをいくら探しても無駄である。

 

釜無川右岸林道1/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

クリスタルライン周辺を始め舗装化が著しい山梨県も探せばまだまだ未舗装林道が残っている。流石にロングダートとなると情報は出尽くした感があるが、短くも抜けている未舗装林道は数多く残っている。釜無川右岸林道もそんな林道のひとつだ。精進ヶ滝林道への再取材を敢行する為に久しぶりにこの地を訪れた訳だが

釜無川右岸林道2/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

途中に林道標識を発見し、もしやと思って入っていくと当りだった。分岐からのアスファルト舗装が比較的新しかったので進入してみたものの結構な距離が舗装されており、それも近年舗装したのは明らかで、もう少し早く来れば充分な距離の砂利道走行が堪能できたと思うと少々悔しい。最も取材リストには入っていない

釜無川右岸林道3/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

未知なる林道を発見した喜びの方が大きいのだが、できれば砂利道が少しでいいから残っていて欲しいという願いは叶い、突然舗装路が途切れた。まずは砂利道が出現した事で取材対象の第一段階をクリアした訳だが、これで抜けていないと没ネタとなる為まだ予断は許さない状況だ。工事中につき通行止であった場合も

釜無川右岸林道4/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

通り抜けできなかったら没ネタで時間とガス代の無駄になる訳だから、まだ安心できる状態ではない。コンクリの側壁に守られた釜無川右岸林道は知名度が低いせいか交通量は皆無に等しい。道中は展望も利かず面白みには欠ける。路面はフラットで整備状況は良好だが道中人家は1軒も存在せず生活林道ではない為

釜無川右岸林道5/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

林道野郎と林業関係者しか通らないのではないだろうか。そんな釜無川右岸林道もアスファルトが途切れたとは言え側溝が延々と続いており、この状態だと舗装化が進行してゆくのはほぼ間違いないだろう。舗装化されてしまうと砂利道だったから走っていたというマニアは去って行き、変わりに林道走行に慣れていない

釜無川右岸林道6/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

般ピーがキープレフトという基本さえ守らずに堂々と道の真ん中を我が物顔で走り抜けてゆく。街中と同じアスファルトで覆われた道は一般道と同じ感覚で、しかも交通量は皆無に等しいから自分達も気付かぬうちに貸切コースのような感覚に陥ってしまうのかも知れない。逆に走り慣れていない砂利道は慎重に

釜無川右岸林道7/ORR

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

ならざるを得ない。スピードが出し易いという事で事故率の点でも林道の舗装化は問題である。林道内は20kmで速度厳守して下さいと記された看板に真新しく敷かれたアスファルト。皆さんは何か矛盾を感じませんか?精進ヶ滝林道に合流です。

トップサイトナビゲーター管理人について感想・お問い合わせ