ORRの道路調査報告書:全国の廃道隧道酷道旧道林道を個人が実走調査したレビュー

トップ>隧道電撃ネットワーク>東海>三重>女鬼隧道

女鬼隧道

★★★

 

女鬼隧道の取扱説明書

199612月新女鬼トンネルの完成により女鬼隧道は静かな眠りについたが現在どのような状況なのだろうか。そしてネーミングから非常に気になるのがその姿だが女鬼隧道は期待を裏切る事なく我々を迎え入れた。

 

image001

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

近年建設されるトンネルはほぼ間違いなく歩行者用通路も組み込まれていて運転者、歩行者が共に安心して通れるようになってきた事は嬉しい限りである。ここ新女鬼トンネルも歩行者用通路が確保されていて見た目は面白みのない近代的トンネルだが機能面においては文句無しの優れたトンネルだ。早速脇の旧道へと進む。

image003

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

うわ〜このおっさんエロ本撮りまくってるよ〜!まるで金鉱脈を掘り当てたゴールドラッシュのような雰囲気で彼は黙々と1点ずつ丁寧に撮影し続けた。ジャーナリストへなりは彼の取った行動の一部始終を画像に収める事に成功し、峠におけるホモサピエンスの正しい行動学と称して今度の学会で発表するが話題騒然となる事は間違いない。

image005

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

エロ本大量投棄現場の目と鼻の先に今はもう使われなくなった女鬼隧道が静かに佇んでいた。カーブを描きながら深く切り通された先に坑門が確認でき、どうやら鉄板で封鎖されているようだが内部への侵入を拒む程度であり遠目からでも坑門の全体像が把握でき、土砂による埋没などの最悪な状況でない事に胸を揉み解した撫で下ろした。

image007

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

女鬼隧道の坑門は独特の形状をしている。石組みもどきのアーチリングから最上段の帯石もどきに至るまで同じコンクリで造られたようだ。一見レトロ調ではあるのだけれどシャネルのピアス25000円に対しチャネルのピアス1800円みたいな感じで偽物は偽物、どう転んでも本物には成り得ない。

image009

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

遠目からはお宝隧道発見か!と沸き立ったが近づいて鑑定するとそうでもない事が判明した。それでも当時の隧道を参考に忠実に再現された姿はいくらコピーとは言え坑門表面の上から下まで均一に刻まれた横線が独自性を出していてチャネル同様女鬼隧道は立派に市民権を得ている。

image011

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

ところでチャネルはバッタもんの代名詞のように使われているが実は経路とか回路という立派な単語である。が、現在進行形だとちょっと意味が違ってくる。チャネリング。チャネラー(高次元で逝っちゃってる人)と呼ばれる人達が目に見えない宇宙意識との交信をする事なのだそうだ。ならば時空を超えてやって来るロリエさんは生粋のチャネラーではありませんか。

image013

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

それどころか人類史上初のチャネルホモサピエンス(人間回路)と言えるのではないか!峠でエロ本を撮影しまくりその情報を瞬時に宇宙へ発信するその姿は高次元どころか異次元レベルでさえあった。

トップサイトナビゲーター管理人について感想・お問い合わせ