ORRの道路調査報告書:全国の廃道隧道酷道旧道林道を個人が実走調査したレビュー

トップ>酷道電撃ネットワーク>東海>三重>三重県道156号飛鳥日浦線

三重県道156号飛鳥日浦線(1)

★★★

 

三重県道156号飛鳥日浦線の取扱説明書

それは2003年までほぼ間違いなく未開通県道とされていた。ORRの商売道具として欠かせないツーリングマップル上で、長らく未通県道として描かれていた三重県道156号飛鳥日浦線。ところが2004年度版よりデジタル化された紙面では、さも全通しているように描かれている事に僕は懸念を抱いた。大丈夫かツーリングマップル。これまで繋がっていない数々の道を地図上で独自に開通させ、決して繋いではいけない道を繋げては、幾多の旅人を翻弄させてきたツーリングマップル。それが意図的なのか悪戯なのか単なるミスなのかは分からない。だが地図上で接続してしまっている以上俄然食指は動く。何せこの県道の行き着く先は、あの泣く子も黙る熊野街道の小阪峠だ。大相撲八百長疑惑が囁かれる中、僕は一路ツーリングマップル八百長疑惑の是非を問う為に、フラットな心境で現地へと赴いた。

 

三重県道156号飛鳥日浦線1

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

県道34七色峡線。熊野と七色峡を結ぶ比較的距離の短い主要県道だが、これが意外と山深い深谷を突く為、その道程は決して楽ではない。今では立派な二車線の舗装路が、全道程の大半を占める快走路へと変貌を遂げ、新大峪トンネルの開通によってそれは決定的なものとなった。路線バスも俊敏に駆け抜ける二車線の快走路。その傍らにバス停と共に佇む小さな祠が目印となる何気ない分岐点が県道156の起点である。

image003.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

これまでも何度かこの場面を見ているはずなのだが、何気ないこの分岐点を特に意識する事はなかった。視界には入っているし、鮮明ではないにせよ記憶にも残っている。どことなくなんとなく気になっていた道だ。青看がある訳でもない質素な分岐は、縁もゆかりもない者にとっては少々躊躇してしまうが、駄目元で突っ込んでみれば、そこには可愛らしくも力強いこの道の正体を指し示す、決定的なブツが視界へと飛び込んできた。

image005.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

緑の中に埋もれかけたガードレールの先端に、一際鮮明な青色で刷り込まれたヘキサが、僕を否応無しにその傍へと引き寄せた。1.5車線の何気ない田舎道、確かにそこは県道であった。これまで飛鳥方面へは通じていないとされた未通県道。その始まりである主要県道との分岐点より、僕は静かなる第一歩を踏み出した。

image007.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

進入当初こそ幅員が1.5車線だった県道も、舗装林道との第一分岐点より先は、その道幅をぐっと狭め、対向車との交戦が免れない完全一車線と化した。しかも直進が林道で県道は右折というあべこべな状態にも少々面食らったが、ここにも案内板がひとつも設置されておらず、それは滅多に部外者が進入してこない事を示唆していた。

image009.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

沿道には数軒の民家が軒を連ね、狭路を挟んで僅かに開かれた狭い土地を、仲良く分け合うようにして古風な家屋が並ぶ。日本的情緒溢れる山村の風景だ。田んぼには稲がびっしりと植えられ、まるで緑の絨毯のようであった。休耕田や廃田はほとんど見られず、先祖代々受け継いだ田畑を放棄せず、実直に継承する姿勢には感動すら覚える。人為的に切り拓いた山麓の裾を、県道の証である連続するポールに導かれ、狭い坂道を駆け上る。

image011.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

白線さえ敷けないほどの狭路で、地元民の軽自動車とすれ違う。路肩ギリギリで傾きかけた軽トラは、今にも田んぼに落ちそうな勢いであったが、離合を終えると何事も無かったかのようにスイスイと下界へ滑り降りて行った。少し前までここは砂利道だったのではないか。敷かれて間もない色鮮やかなアスファルトと、おおよそ県道らしくない今にも途切れそうな頼りない小径とが、見た事もないかつての情景を脳裏に思い描かせた。

image013.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

川底を覗き込めば手の届く位置に今でも悠々とハヤの群が泳いでいる。古きよき日本の田舎風景を存分に味わえる桃源郷のような里山に、県道という名の離合もままならない完全一車線の生活道路は、奥へ更に奥へとその枝を延ばした。かつて未開通とされていた地点まであと一歩である。県道は遂にコンクリの激坂道と化した。

県道156号線2へ進む

トップサイトナビゲーター管理人について感想・お問い合わせ