ORRの道路調査報告書:全国の廃道隧道酷道旧道林道を個人が実走調査したレビュー

トップ>旧道電撃ネットワーク>東海>三重>評議峠(旧国道42号線/熊野街道)

評議峠(旧国道42号線/熊野街道)(4)

★★★★

 

評議峠(旧国道42号線/熊野街道)

世界遺産に登録され大変な賑わいをみせる熊野古道。熊野市駅を発つと最初に待ち構える難所が松本峠と呼ばれる竹林を縫う人の通行がやっとの小径で、駅へ降り立ったジジババダンサーズのほとんどがそこを目指す。松本峠は牛馬と人の通行しか許さない完全なる人道で、中世から江戸末期までは熊野道と呼ばれ、当地きっての主要路として活況を呈していた。だが時代が明治へと移り変わると、荷車が通せる車道の開削を叫ぶ声が日増しに強まり、それまで主要路であった松本峠→大吹峠→二木島峠・逢神坂峠→曽根次郎坂太郎坂→八鬼山越を経て尾鷲に至るルートがあまりにも峻険につき、測量の結果車道の建設は不可能であるとの結論に達した。そこで急遽代替案として白羽の矢が立ったのが、それまで間道と呼ばれ全く日の目を見なかった裏道の評議峠→小阪峠→矢ノ川峠を経る下級道路であった。獣道に毛が生えた程度の今にも途切れそうな頼りない道筋が、明治初期車道規格として装いも新たに熊野新道として産声を上げた。当路線は後に馬車道から自動車道へと拡張され、押しも押されもせぬ近現代の主要路として発展して行く事となる。その後継となる現在の佐田坂が、紀伊半島を取り巻く主要国道の称号を手に入れられたのも、評議峠の存在があったからこそで、評議峠はR42の原型つまり旧国道という位置付けは何等揺るがない。熊野古道から覇権を奪い、後に国道へと昇格する折り紙付の血統書を手に入れた評議峠。それを決定付けたのが他でもない木本(熊野市)尾鷲間を評議、小阪、矢ノ川の三強峠を越し、定期便で結んだ史上最強の路線バスである。国鉄バスも走ったという歴史ある峠道も現在は林道へと格下げされ、通る人もままならないほどすっかり寂れている。一度は栄華を極めた評議峠を、現代の鉄馬ヘナリワンで夢の跡を追った。

 

image001.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

2007年現在熊野から評議峠そして小阪峠を経て飛鳥へ至る熊野街道明治道の全てがアスファルトの下に埋没し、道路だけに照準を合わせれば、古道という雰囲気はいささかも感じられず、残念ながら今日見られる評議峠は、全国に蔓延する舗装林道と何等変わらぬ状況下にある。もう往年の姿は見られないのだろうか?いいや、そんな事はない。

image003.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

確かに現地ではそれは叶わぬ夢であるが、舗装工事の直前に撮影した数枚の画像が、幸か不幸か僕の手元に僅かながら残っていた。熊野市側から延伸した舗装工事は、市街地を抜け最初に見る貯水池を過ぎた辺りで突如途切れると、一般の林道並みかそれ以下の酷な路面状況へと急変した。この犬も食わぬ悪路が、佐田坂が開通する以前に使われていた主要路だと?僕は正直戸惑った。

image005.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

ひとつ前のコマはダート時代末期の頃で、同地点より撮影したものがこの画像である。上のと見比べてどうだろう?随分と様変わりしているのがお分かり頂けるものと思う。両脇に設置された側溝に真新しいアスファルト、その表面には白線が敷かれ、今では立派な舗装林道そのものではないか。これなら切り出した木材をしこたま積んだ大型トラックが現れても何等不思議でない。

image007.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

ところがダート時代は4t車でも大丈夫かと心配になるほど軟弱な印象が強かったこの砂利道が、半島を周回する唯一の生命線で、最盛期には路線バスまで走った主要路などとは想像もできなんだ。しかし非情にも歴史は嘘を付けないのである。好むと好まざるとに関わらず、ここを定期路線バスが一日数往復していたという誰もが避けて通れない現実がここにある。

image011.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

GDP(国内総生産)が世界第二位の経済大国である我が国においてそんな事は決してあってはならないし、できれば無かった事にしたい。今すぐにでも封印し完全密閉にて地下1500mに埋葬したいおぞましい過去の記憶。もしも過去を消去できる消しゴムがあったならば、迷わず消したい国鉄バス紀南線の軌跡。だがこの狭路を来る日も来る日もバスは走った。雨の日も風の日も。嘘だ!そんな馬鹿な。有り得ん!このガタボロ道をか?僕も始めは思ったさ、有り得ないと。

image002.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

しかしこの一枚の画像が、評議峠における路線バスのあるない論争に終止符を打つ。泣く子も黙るこのクラシカルな車体の前に最早反論の余地は無い。ボンネットの鼻先には二灯のヘッドライトにバンパー、フロントガラスにはワイパーを備え、額には行き先表示幕も確認できる。勿論バックミラーも付いているし、脇にはスペアタイヤまで抱えている。

image009.jpg

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

今と違ってワンマンではないだろうから車掌さんと運転手さんのツートップは常で、大概この二人はできていると見て間違いないが、酷民総ムンクの叫びと化すこの衝撃のバスは、現在のボンバスの祖と呼べる初期のもので、定員は十数名という現在のマイクロバス以下の小さなバディであったという。それが実際にこの砂利道を走ったのだ。

評議峠5へ進む

評議峠3へ戻る

トップサイトナビゲーター管理人について感想・お問い合わせ