ORRの道路調査報告書:全国の廃道隧道酷道旧道林道を個人が実走調査したレビュー

トップ>隧道電撃ネットワーク>南近畿>和歌山>高尾隧道

高尾隧道(2)

★★★

 

高尾隧道の取扱説明書

旅人なら誰もが持ち歩き、ORRでも教科書として推奨している某地図は、これまで版を重ねるたびに改良が成され使い勝手も向上、それはツーリングライダーのみならず、四輪のドライバーやチャリダーにも支持され、確実に進化を遂げてきた。現行よりも一回り小さい初代の版で高尾隧道はこう記されている。「シャワー状に降る漏水、中央に排水溝、西日本一の不気味隧道」残念ながら現在手元に残るものには「西日本一の不気味隧道」の部分が印字されておらず、あくまで聞き伝えなのだが、西日本一と謳うからにはそれなりの物件なのだろう。だが目の肥えたORR読者に果たして西日本一の謳い文句が通用するかどうか。それでは問題の高尾隧道をご覧頂こう。

 

高尾隧道・高尾トンネル2

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

ここからは少々古い画像と回顧録となるが、現在は封鎖されているので当時の様子をご覧頂きたい。まず高尾隧道は旧道と化してからすぐにフェンスにより封鎖されてしまう。特に旧国道に面した側は、人家が密集し人通りもある事から突破には不向きな上に、南京錠がかけられている為、事実上の通り抜けは不可能となっている。よってもしここへ入り得るとしたら裏側である広見川林道から

image003

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

進入する事になるのだが、まさか裏側にもフェンスが設けられているとは思いもせず、のこのことやってきた我々は、どうにもならないような鉄柵を見てほとんど諦めかけていた。だが裏側はフェンスこそあれど、南京錠が掛かっていなかったのである。ゆっくりとその扉を開き、洞内へと足を踏み入れる。その昔たった一度だけ高尾隧道が現役時代に通り抜けてはいるが、如何せんその頃は

image005

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

林道の隧道は全く興味が無かったし、無心で通り過ぎた為か、どのような隧道であったのかは全く記憶にございません。従って新鮮さは十二分にあった。全国各地の隧道を見てきたこの眼に、高尾隧道はいったいどう映るのだろうか。1台ではきっと躊躇ったであろう内部への侵入も当時はロリエさんが同行していたので、全く恐怖感もなく調査する事が可能であったのだが、そうは問屋が

image007

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

卸さないのが世の常で、実は我々は裏側からの侵入を果たせていない。というのもご覧の通り当時は完全に水没していて、路面には大小様々な石が転がっているのと、この隧道最大の特徴である中央に横たわる溝に嵌った場合、脱出困難になる事は明白で、議論の末に危険を冒してまで突っ込む価値は無いとの判断に至り、即撤退したのである。だが話はこれで終わらない。我々は

image009

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

旧国道側坑門を拝むべく新高尾トンネルへと潜った。そして高尾隧道坑門前で撮影をしていると、ひとりのおいちゃんが近づいてきて、我々に話しかけてきた。僕は以前訪れた時まだ新トンネルもなく、今回久しぶりに訪れて通れるかと思ったが、封鎖されていたので残念だという事を伝えた。それを聞いたおいちゃんはトイレだろうか、坑門前に位置する自宅へと戻ってしまった。そして

image011

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

再び戻って来るや否や、はいどうぞと言ってフェンスを開けてくれたのだ。なんとそのおいちゃんこそが高尾隧道の管理人さんだったのである。内部には車が1台放り込まれており、おいちゃんが駐車場として利用しているらしい。何という幸運だろう。我々は遠慮などせず、へなり逝きまーす!ロリエ逝きまーす!と次々とホワイトベースから出陣し、暗闇の彼方へと吸い込まれていった。

image013

ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR

洞内の路面は全面に渡ってコンクリが打たれ、非常に安定していて走り易い。但し中央の溝は深く幅もある為容易に対岸へと渡してはもらえず、単車では事実上0.5車線走行となり、自由度は少ない。洞内での転回も容易でなく、勢いそのままに水没区間も突破し裏口のフェンスも突き抜けた。

高尾隧道3進む

高尾隧道1戻る

トップサイトナビゲーター管理人について感想・お問い合わせ