www.henari1.jp ORRの道路調査報告書 ODA ROAD RESEARCH

〜道路格闘家へなりと闘う鉄馬ヘナリワンの軌跡〜

ORRの道路調査報告書:全国の廃道隧道酷道旧道林道を管理人が実走調査したレビュー

トップ 廃道 隧道 酷道 旧道 林道 更新履歴 ボンバス 地図 楽天 アマゾン ビストロ 掲示板 サイトナビ お問い合わせ

トップ>隧道電撃ネットワーク>北九州>大分>野田洞の実走調査レポート

野田洞(1)

★★★★★

野田洞(のだどう)の概況

旧道と現道とのギャップが余りにも激しく、現場で見る光景に自分の中でいまいち消化しきれない物件というのはけして少なくない。ここ野田洞もそんな物件だ。国東半島の国道213号線に連発するお宝隧道群は周知の通りであるが、それらとは距離を置く杵築平野のど真ん中に、問題の野田洞は口を開けている。国道213号線の隧道としては規格外とも言える小さな断面、そして現トンネルとの落差、それらをパッと見で国道の旧隧道を疑るに値せずと弾き出した勘ピューターの性能の低さが、古老の証言と市史とのダブルパンチによって露呈すると同時に、道路の奥深さをまざまざと思い知る事となった。九割方野田洞の正体が明らかになった今、僕が味わった衝撃度を読者諸氏にこれから追体験してもらう事になるが、特に国東や大分と聞いて黙っていられない方には激震が走る事になるだろう。当初は★二つとした当物件への評価は、マチャアキも規格外の★五つへと上方修正せざるを得ない緊急事態で、隧道王国大分の勢力図を塗り替える野田洞の逆襲に今宵D-1MAXのゴングが鳴る!

野田洞1-1byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

国東半島の付け根を行く内陸の国道10号線と沿岸部の国道213号線の両者は、起終点である日出から宇佐にかけて、180度異なる車窓の風景を展開する。

大分空港の少し先の国東まで沿岸部には砂浜が続く大変穏やかな地形で、山国でありながら恵まれた条件の杵築周辺が手付かずのままであるはずもなく大正年間には早くも国東鉄道がこの地に警笛を轟かせている。

国東の一部に鉄道が通じる

野田洞1-2byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

また道路においては杵築が城下町として栄えた事で、五本にも及ぶ往還が整備され古くから使われていた。

杵築より拡散する五つの往還

とは言っても江戸時代まで杵築における主要交通の要は海路にあり、物資運搬のほとんどは海上輸送に委ねられていた。

そういった時代背景であったから往還と言ってもそれは今日我々が想像するハイキングコースのような規格で、中には手を掛けねば這いあがれぬ登山道のような箇所も含まれている。

野田洞1-3byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

人と牛馬の往来がやっとで、車輪を用いた車両の長距離移動など夢のまた夢という脆弱な陸路の本格的な開発は明治まで待たねばならなかった。

国東半島の外周を取り巻く生命線の国道213号線は明治由来の新道で、江戸時代まで主役を張った往還とはほとんど重ならない。

明治由来の旧国道と往還は別路線

野田洞1-4byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

半島一帯は民間主導により産み落とされた支道と呼ばれる各村間のみ有効な小道が縦横無尽に走り、ネットワークを形成している。

縦貫線としては往還が古くから使われていたが、車馬の通行には不適であり、半島には新たな動脈を構築する必要があった。

そこで各集落を結ぶ支道を繋ぎ合せ、それを改修する形で将来性豊かな新縦貫線が誕生する。それが国東半島を周回する海岸道路である。

野田洞1-5byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

後に廃止となる国東鉄道からの転用部分も合わせ、凡そ計画的に造られた道とは言い難い海岸道路は、地域道路の寄せ集めと言っても過言ではなく、現在の国道213号線の原形は明治初期に片鱗を見せ始める。

今でこそ守江湾の河口すれすれを跨ぐ杵築大橋によって、通行する車両は無意識に別府方面へと導かれるが、その昔は城下町時代のまま時を重ねただけの狭い路地を右往左往しなければならなかった。

野田洞1-6byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

一方通行指定に加え、警察が手信号による交通規制に乗り出すなど、モータリゼーションの発達に追いつかぬ杵築市街地は悲鳴を上げ、二進も三進も行かぬような状態が長らく続いた。

渋滞のメッカである市街地から拡散する主要往還は前途した通り五つ。その中で別府へ至る杵築往還を僕は野田洞に重ね合わせた。

野田隧道の頭上に開く小さな穴を偶然発見したのが2002年。その時点での評価はたった★二つ。

野田洞1-7byORR

道路遺構の調査発掘専門サイト:ORRの道路調査報告書

当時は一部改修済の単なる短隧道という低評価に留まった。だが後の調査でこれがチギリメン隧道、箕ヶ岩隧道、竹田津隧道といった同路線に眠る最古参の老雄に迫る大物物件である可能性が高まるのである。

長らく沈黙を守っていた野田洞が遂にベールを脱ぐ!

野田洞2へ進む

トップ 廃道 隧道 酷道 旧道 林道 更新履歴 ボンバス 地図 楽天 アマゾン ビストロ 掲示板 サイトナビ お問い合わせ